このイベントは終了しています

特定非営利活動法人 ちば森づくりの会

特定非営利活動法人 ちば森づくりの会
環境保全

都市近郊に位置する千葉市の里山(森林)を森林施業により整備・保全し、より良い地域環境、より良い地球環境を実現することを目的に活動する実働型の森林ボランティア団体です。

担当者名:林 隆通
電話番号:043-273-4675 (不在の場合が多いのでメールで問い合わせください)
メールアドレス:chibamoridukuri2004@jcom.zaq.ne.jp
https://www.chiba-moridukuri.org/

■設立の経緯・活動目的
千葉市が平成13年から実施している「里山の保全推進事業」に先だって開催された「森林ボランティア技術研修会」の参加者により、市民参加の森づくり団体として組織され、平成17年にNPO法人の認証を受け、現在に至ります。
森林施業を通じて健全な森林を育成し、人類にとって望ましい地球環境を実現することに寄与することを目的に活動しています。

■背景および活動内容
都市近郊に位置する千葉市の里山(森林)も、木材価格の低迷・高齢化・後継者不足等から風倒木の未整理、竹の侵入、枝打ちや間伐の遅れ、加えて杉の溝腐被害等、森林施業(風倒木病害林の整理、植栽、下草刈り、枝打ち、徐間伐等)による再生の必要に迫られています。会員は、こうした分野は未経験のいわゆる都市住民ですが、地元森林所有者・森林組合・行政と連携して、安全と施業技術の習得・向上、機材の充実に努め、年間を通した適期の施業、林分に応じた施業を積み重ね、この活動がより良い地球環境の実現に結びつくことを願いつつ、安全第一で取り組んでいます。

  

また、収穫した材で木工作・竹炭焼きなどの利活用や整備した里山で秋の里山観察会・チェンソー体験会・里山活動体験などを開催し、千葉市民産業まつり・エコメッセちば等に出展して子供たちや市民の皆さんに里山に触れていただく機会を設け、里山活動の広がりにも取り組んでいます。

 

■活動フィールド
千葉市若葉区、緑区の森林で、千葉市指定里山地区「ひらかの森」「おぐらの森」「おおじの森」のほか、千葉市の森林の99%を占める民有林に手が入らなければ本質的な再生は無いことから、森林所有者だけでは管理できない民有林(県認定里山地区3カ所を含む)も活動の対象としています。

■活動への参加を
定例活動日は、毎月第1水曜日、第1から第4土曜日です。「森と自らの健康のために!」活動への参加を、あるいはこの度登録された「千葉市まち寄附」で支援をお待ちしています。

© 2020 千葉市民活動支援センター